メンバー紹介

教員

  • takeuchi

    大阪大学・大学院国際公共政策研究科・教授

    学歴
    昭和50年 京都大学工学部衛生工学科卒業
    昭和53(1978年)オレゴン大学(政治学科)卒業
    昭和55(1980年)ワシントン大学大学院(政治学)修士課程修了
    昭和56(1981年)スタンフォード大学大学院(東アジア研究)修士課程修了。

    職歴
    昭和63年 帝国女子短期大学(現:大阪国際大学短期大学部)助教授、
    平成4年 大阪外国語大学助教授、平成15年 同教授を経て、
    平成19年10月より現職。
    ・総務庁「世界青年の船」指導官(平成7年1月~3月)
    ・軍縮会議日本政府代表部(スイス・ジュネーブ)専門調査員(法律顧問)(平成7年9月~9年8月)として包括的核実験禁止条約および同条約ホスト国協定交渉、核拡散防止条約2000年再検討会議第二回準備委員会、特定通常兵器使用制限条約第二議定書改定交渉などに参加(国連欧州本部とNY本部で)。
    ・米国国務省の招待で、①安全保障問題で米国各地(平成4年)、②ハワイの米太平洋軍司令部(平成11年)、③沖縄の米軍基地(平成15年)を視察・議論に参加。

    運動歴その他
    昭和41年 全信州陸上競技大会中学男子砲丸投げ3位
    昭和44年 柔道2段(高校、団体で北信越大会出場、東信柔道大会技能賞)
    昭和48年 少林寺拳法少拳士2段(大学、近畿学生大会推薦乱取の部優秀乱取賞) 
    米国留学中は、アラスカで夏の間4年間、缶詰工場、漁船や鮭の加工船、また蟹工船にも乗り北回帰線近くまで行く。米国留学終了後は4ヶ月ほど米国各地、欧州(トルコを含む)、東南アジアをバックパック旅行。今まで世界で61カ国程度を訪問している。

    [専門]
    軍備管理軍縮論,核兵器,合理的選択理論,ゲームの理論
    [所属学会]
    International Studies Association,アメリカ学会,京都大学環境衛生工学研究会,公共選択学会,国際安全保障学会,国際政治学会,数理社会学会
    [担当科目]
    国際関係論,安全保障論,数理政治学